ケイの転生小説 - 自分が異世界転移48
「いやあ、婆ちゃんが死んでから、もう何年になるのかな、ほんっと久しぶりの人間だね。ほらほら、私ってかなり人間に近いでしょ。実は人間のお婆ちゃんとオーガのおじいちゃんの子だからね」

 人間とオーガとのクォーターなのか。
 オーガたちに力を貸した転移者はここで、一生を過ごしオーガとの間に子をなした。

「お婆ちゃんが日本語を忘れないように、私たち家族はずっと身内では日本語を使ってきたの。村のみんなも簡単な挨拶ぐらいならできるわよ」

 そう言って、クォーターの彼女がここまで連れてきてくれたオーガたちに視線を飛ばす。

「コニチワ」

 オーガたちが一斉に、片言だが確かに日本語で挨拶をしてくれた。

「他にも人間の血を引いているオーガが一杯いるから、あんまり緊張しないでね」

「他にも?」

 権蔵がオウム返しにそう訊ねる。

「うん、昔、お婆ちゃんが他の転移者を見つけては連れてきたから、元転移者の人がお婆ちゃんを含めて五人住んでいたんだよ」

 彼女は大袈裟な身振り手振りを踏まえて説明してくれる。体を動かすたびに、その大きな胸が豪快に揺れる。

「あっ、キミ!」

「へっ!?」

 突如大声を上げ、権蔵の肩を掴んだオーガの女。

「その腰に挿しているの、刀じゃないの!」

「え、あ、そうだよ。うわー、この鞘も飾り気は無いけど、機能美に重視した良さがあるわ!」

「わかるのか、オーガの姉さん!」

「私の事はオウカと呼んで。お婆ちゃんがつけてくれたの。素敵な名前でしょ」

「いい名前だぜ」

 権蔵とオウカは刀談議に花が咲いた。
 どうやら、オウカの腰に携えている武器も刀のようだが、それはこのオーガの村で作られたモノのようだ。お婆ちゃんではない、助けた転移者の一人が鍛冶スキルを所有していたようで、武器や日用品はその人が製作していたとのことだ。

「キミ、気に入ったよ! 名前なんて言うの」

「俺?権蔵だぜ。今後ともよろしく!」

 そう言って握手をする。

「あ、ごめん! こんなところで長話しちゃったよ。お婆ちゃんにも、あんたはおしゃべりが過ぎるってよく言われていたんだ。それじゃあ、村を案内するよ! あ、そうそう、そこの人も一緒にどう?」

 そう口にしたオウカの視線は、誰かを捉えていた。

「すまない。念の為に隠れさせてもらっていた」

 土屋さんが木から飛び降り、僕たちの元に歩み寄ると頭を下げ謝罪する。

「いいよ、いいよー。この島は弱肉洋食だから、それぐらい警戒しないと!」

 親指を立てた右拳を土屋さんにつきつけウインクするオウカ。

「よろしくね!」

 そういって手を突き出してきた彼女の手を取り握手を交わした。

「もしかして、お婆ちゃんと同じように、精神感応使えるの?」

「すまない。だが、心は読んでいない」

「あ、いいんだよ。むしろ、逆、逆。私たちが本当に歓迎していて、裏が無いってことを知ってもらいたいから、心読んじゃっていいよ! あ、私がそういうの防いだり誤魔化しているスキルを所有している心配があるなら、ここのみんなの心読んで調べていいからね」

 彼女はそう言うと、周りのオーガに共通語で説明をしている。すると、驚いたことに、その場にいたオーガたちが全員、手を差し伸べてきた。

「ユウコウノ、アカシ」

 そう言って、不器用ながらも笑うオーガたち全員と土屋は握手を交わした。
 先導して歩きながら、オウカが通りの建物を指差す。

「ここが宿屋だよ。と言っても、旅人なんていないから観光ドリが泣いているけどね」

 それは閑古鳥の事なのだろうなと思いながら、オウカの説明に耳を傾けている。
 門の中に広がる光景は立派なもので、町と呼んでも差支えが無いのではないかと思ってしまったほどだ。
 地面は土がむき出しだが平らに均されている。
 門から真っ直ぐ大通りが伸び、その左右には木造の建物と石造りの建物が、同じ割合で並んでいる。

「ここの石や土が素材の建物は、森永の爺ちゃんが担当して、木の建物は早稲田の婆ちゃんが担当したそうだよ。今は二人に教わった大工のおっちゃんたちが補修や新築を担当しているけどね」

 森永、早稲田というのが、昔に助けられた転移者の名前なのだろう。土使いと木工や建築のスキル所有者といったところか。
 切り出した石をモルタルで繋ぎ合わせた建造物はいかにも重厚で頑丈な感じがする。
 木製の建物は日本家屋風で見ているだけで心が安らぐ。

 街にいるオーガたちは、僕たちの姿を見かけると「コニチワ」と笑みを浮かべて挨拶をしてくれる。転移者に対して本当に優しい村のようだ。

 オウカのように日本人と殆ど変わらない顔つきの者もいれば、初めて会った三人のオーガと同様に厳つい顔のオーガもいる。ただ、体格は女性でも170は軽く超えている者ばかりで、男性は殆ど2メートル越えで全員が筋骨隆々だ。

「村がこれだけ発展したのも転移者のおかげだからね。皆、感謝しているんだよ。昔はみんなもっと野蛮だったらしいけど、お婆ちゃんが礼儀作法やワビサビ? を教え込んだらしくて、母さんの世代からみんな優しくなったんだって。いつか、私たちのような転移者が迷い込んだ時は、優しく接してあげてね。というのが、お婆ちゃんの口癖だったよ」

 お婆さんは本当に偉大だな。亡くなったらしいが、生きている時に一度お会いして、お礼が言いたかった。

「すっげえな、オウカの婆ちゃん。こんな立派な村を作って、感謝されているなんてよ。戦うしか脳のない俺とは比べるのも失礼だな」

「うん、自慢の婆ちゃんなんだ!」

 権蔵の素直な称賛を聞き、オウカの顔が綻ぶ。心底嬉しそうにいい笑顔で笑うな。

「村の名所や買い物するところは後でまた案内するね。今はまず、マスターに挨拶しに行かないと」

「マスター?」

「うん。このオーガの村でトップに立つ偉い人だよ。オーガマスター。昔は、オーガキングって名乗っていたんだけど、ほら、オークキングってのがオークのリーダーにいるでしょ。名前が似ていて気に食わないからって、オーガマスターに呼び名を変えさせたの」

 確かに、オークとオーガは名前の響きが似ていて、正直間違えやすい。実際、既に何度か言い間違えそうになっている。

「ということは、オークとは仲が悪いのかい?」

「うん。ほら、オークって島の東側を占領しているでしょ。それで、何を勘違いしたのか、この島をいつか手中に収めようと戦力を強化しているの。オーガとしては、自分たちが生きることができればいいという考えだから、対立していてね。何度も衝突があったわ」

 オウカも思うところがあるようで、オークの話題を口にしている時の表情は渋面だった。

「そうか、敵対しているならありがたいぜ。俺たちも一度、オークキングとやりあったことがあったからな」

「えっ! 本当にっ!? よく生き延びたね……もしかして、倒しちゃったの!?」

 額が触れ合うぐらいの距離まで顔を近づけ、鼻息荒く問いただすオウカに権蔵の顔が真っ赤に染まる。

「い、ひゃ、た、たおひてないひょ」

 動揺しすぎだ、権蔵。

「仲間の一人が命を賭して時間稼ぎをしてくれたんだよ。それで、何とか俺たちは逃げ延びたんだ」

「そう……なんだ。変なこと聞いてごめんね」

 ゆっくりと権蔵から顔を離したオウカが小さく頭を下げてきた。

「いいんだよ。俺たちもオークキングには恨みがあることを知ってもらえたら、それでいい」

 共通の敵がいること。それは同盟を結ぶ相手にとって悪いことじゃない。
 勝てる見込みが皆無だと思っていた存在であるオークキングへの攻略法が、この時、見えた気がした。

「オークとの関係が気になるならマスターに聞いたらいいよ。昔は頑固者で力こそ正義って考えだったらしいけど、お婆ちゃんとやりあって、今はかなり丸くなっているから」

 話の分かる相手なら、色々と相談にも乗ってくれそうだな。

「あ、そろそろ見えてくるよ。ほら、あそこ! あれがオーガマスターの住む家だよ」

 大通りの突き当りに巨大な建造物がある。それは家というより砦と表現した方がしっくりくる外観だった。
 巨大な一個の岩を削って作ったかのような継ぎ目が一切ない、真四角な無骨な岩箱がそこにあった。
 窓を見た感じ二階建てで、大きさはバスケットコートが三面はあり、観客席まで完備した巨大な市民体育館ぐらいはあるだろう。

「何か、重苦しい建物だな」

「刑務所みたい」

「そうね」

「非常時にはここに集まって、籠城するそうだよ。だから、この村で一番頑丈に作っているんだって。地下には備蓄もあるよ」

 なるほど。確かに立て籠もるのには最適な建物かもしれないな。
 僕が感心しながらオーガマスターの屋敷を眺めていると、屋敷の見張りに話を通してくれたオウカが手招きをしていた。

「許可が下りたよ。じゃあ、みんなでオーガマスターに会いに行こう!」

 勢いよく拳を振り上げるテンションが無駄に高いオウカに合わせて、権蔵も「おうっ!」と拳を上げている。
 オウカの後ろに並び、屋敷内を進んでいく。
 外観と同じく室内も飾り気が無く、金持ちの家にありがちな装飾品の類が一切見当たらない。必要最低限の物しか置いておらず、使用人らしき人が掃除をしているが、これだけ物が無いとかなり楽そうだ。
 頑丈さだけを重視した木製の階段を上り、二階の奥へ進むとそこに鉄製の扉があった。

「ここが、マスターの部屋だよ。マスター人間の客人を連れてきたよー!」

「ああ、聞いている。オウカ、中にお招きして」

「うん。さあどうぞ」

 鉄製の扉が軋みを上げゆっくりと開いていく。
 僕は、マスターの部屋に足を踏み入れた。