様々な小説の2次小説とオリジナル小説

追加された行はこの色です。
削除された行はこの色です。

 園遊会が無事に終わった翌日。
 リッドは、エルと新しい剣を見に行き、ハクカは、ラトと治癒友達に連れ出され、女同士で遊ぶそうだ。
 リッドは、エルと新しい剣を見に行き、ハクカは、治癒友達に連れ出され、女同士で遊ぶそうだ。
 俺もブライヒブルクを散歩することにした。

「・・・ハッ・・・ハッ・・・」

 道中、広場で汗を流しながら訓練に励んでいるミュウを見かけた。
 道中、広場で汗を流しながら訓練に励んでいるラトを見かけた。

「ミュウ」
「ラト」

「ルーク」

「訓練をしていたのか?」

「うん・・・ルークは、聖魔法使える」
「はい・・・・所で、ハクカはどうしたのですか?」

「聖光とかなら使えるぞ」

「・・・聖光か」

「ミュウは、聖特化なのか?」

「うん、そうみたい。所でハクカはどうしたの?」

「治癒友達に連れて行かれた」

「・・・アクアちゃんだね。ということは、ラトちゃんも一緒だね」
「・・・アクアちゃんですね」

「友達ができるのは、悪いことでもないしな」

「・・・・ねえ、ルーク、せっかくだから、魔法について教えて」
「・・・そうですね・・・ルーク、せっかくですから・・・私と訓練をしてもらえませんか?」

「基礎ぐらいなら教えれるけど・・・・見たところ、誰かに習っているだろう」
 ラトが大剣を構えた。

「うん・・・お姉ちゃんに教わったんだけど、お姉ちゃん、聖は使えないから」
「いいぞ」

「それは、基礎しか教えることができないな」
 俺は、ラトと剣の訓練することになった。

「それで、どうかな。今ならお昼ご飯ぐらいなら奢るよ」

「わかった・・・教えるよ」

 俺は、最初に『器合わせ』を提案した。
 聖の魔法は、何気に高威力のものが多いけど、その分魔力を使うのだ。
 ミュウがオズオズと手を握ってきた。
 俺は、ミュウに魔力を流した。

「・・・んっ・・・ぁ・・・・・っ・・・ぁぁ・・・・っ」

 魔力を流すうちに、ミュウから時折熱を帯びた吐息が混じる。

 10分後

「・・・ハァハァハァ」

「大丈夫か」

 器合わせを終えるとミュウが倒れ掛かったので、慌てて抱きとめる。

「・・・うん」

 熱帯びた声にドキリとする。
 動けるようになるまでミュウを支えると

「もう大丈夫」

「そうか」

 20分後

 動けるようになったミュウ。

「今のミュウの魔力は、俺とハクカと同じぐらいだ。今日は、魔法の訓練はなしだぞ」

「は〜い・・・じゃあ」

 俺は、ミュウと剣の訓練することになった。

 キーン カス ガン キーン

 俺が剣を振るうたびにミュウが剣で防御をする。
 ミュウが攻撃するたびに剣でミュウの攻撃を逸らしていく。
 俺が剣を振るうたびにラトが剣で防御をする。
 ラトが攻撃するたびに剣でラトの攻撃を逸らしていく。

「・・・ハァハァハァ」

 汗が滴り落ちるミュウ。
 汗が滴り落ちるラト。
 俺も少し熱くなってきた。
 お互いに決定打にかけていた。
 ハクカが帰って来た頃に、俺達は、訓練を終えた。

「ミュウちゃん」
「ラトちゃん」

「ハクカ」

「今日の練習は切り上げるか」

「じゃあ、またね」
「では、またお願いしますね」

「ああ」

 俺はミュウの修練に付き合うようになり、次第に彼女と仲良くなっていった。
 俺はラトの修練に付き合うようになり、次第に彼女と仲良くなっていった。



[[次>八男って40]]

編集にはIDが必要です