様々な小説の2次小説とオリジナル小説

 行商に来ていた武器職人の娘のフィーネと出会ってから数ヶ月。
 今日は、ハクカとブライヒブルクを散策していた。

「……いい匂い」

 あちこちから漂って来るいい匂いに鼻をくすぐられた俺達は、近くの屋台を覗きに行った。
 屋台に行き、串焼き等を購入して、簡単に食べると冒険者予備校が見えた。

「のぞいて見る?」

「そうだな」

 俺達は、冒険者予備校の見学をするのであった。
 冒険者予備校の施設を見て回った。

「・・・あ・・・可愛い・・・」

 ハクカが店に飾られている服に目を留めた。

「ハクカなら、似合うと思うよ」

「ありがとう。ルーク」



Menu

メニューサンプル1

メニューサンプル2

開くメニュー

閉じるメニュー

  • アイテム
  • アイテム
  • アイテム
【メニュー編集】

編集にはIDが必要です