様々な小説の2次小説とオリジナル小説

「・・・また男の子か・・・これで8人目だぞ」

「あなた、こんなにも元気な男の子なんですよ。それに相応しい名前をつけてくださいな」

「そうだなぁ・・・ルークとするか。その子が、ファブレの家名を継げる可能性はほぼゼロだがな」

 突然の眠気で再び夢の世界へと落ちた僕は、その夢の中で不思議な光景を目の当たりにしていた。
 僕が意識を移らせていると思われる、あの小さな赤ん坊が生まれた場面が、まるで映画のワンシーンのように見え聞こえてきたからだ。

 どうやら僕は、このファブレという家の8番目の男の子として生まれたらしい。
 それと夢で話が進むにつれて、ファブレ家が300人の村を1つだけ治めている辺境の下級貴族であることが分かった。
 他にも現当主であるトール・フォン・ストラトス・ファブレは、よくも悪くも平凡な50男であり、同じ下級貴族出身の妻と地元名主の娘を側室にしている。

 その二人の妻との間に男の子が8人、女の子が3人いることなどがその名前と共に判明していく。

 正妻の子供
 長男 マリオ  30歳
 次男 ニコ   28歳
 三男 オットー 24歳
 四男 カール  22歳
 六男 ローラン 16歳
 次女 クリス  14歳
 八男 ルーク  6歳

 側室の子供
 五男 ダスティン 20歳
 長女 ハンナ   18歳
 七男 グスタフ  16歳
 三女 ユリ    12歳

 随分と子沢山であるが、子供が生まれても、必ず全員が無事に成人するということもないようだ。
 現に21人産まれた子供のうち、7人の子供は、7歳になる前に神の御許に旅立ち、3人の子供は、成人前に神の御許に旅立ったのだ。
 まさかこのような世界で一人っ子というわけにはいかないだろうし、正妻が必ず子供を生める保証もないので、側室がいるのも納得はいく。

「あなた、ルークには剣や魔法の才能があるかもしれません」

「もしそうならば、兵士ではなく冒険者あるいはお抱え魔法使いとして独り立ちも可能であろうか」

 僕は子供の記憶を整理しつつ、現在自分の置かれた状況をまとめていく。

 まず僕が、貧乏貴族の八男ルーク満五歳、数えで六歳くらいに転生したのである。
 貴族の家に生まれたが、長男じゃないので領地などは当然継げずにいる。

 下手をすると、というか間違いなく貴族としてすら生きていけない可能性が高いのだ。

 このような世界なので、普通に考えれば長男が家を継ぐし、次男は予備と考えて、三男以降は己で生きる道を模索しないといけないはずだ。

 広大な領地を持つ大貴族家や中央で代々要職に就いている世襲法衣貴族家ならともかく下級貴族に、三男以降の身の振り方を考える甲斐性など期待しない方が懸命であろう。

 となるとだ。

 平成日本の自室で寝ているはずの自分はどうなったとか、先程聞こえた『魔法』というキーワードに浮かれたりとかしている余裕などない。

 この世界の成人が何歳かは知らないが、それまでに自分一人で生きていく術を得なければいけないからだ。

「(慌てるのもよくないが、子供だからって遊んでばかりいると人生詰むな……)」

 それからも僕は、ルークのこれまでの人生を思い出し、目が醒めてから新しい家族に不信の目で見られないよう、懸命に情報を集めるのであった。



Menu

メニューサンプル1

メニューサンプル2

開くメニュー

閉じるメニュー

  • アイテム
  • アイテム
  • アイテム
【メニュー編集】

編集にはIDが必要です