様々な小説の2次小説とオリジナル小説

 いつものように、朝六時に目覚まし時計のベルの音で目覚め、急ぎ通学の準備をしてから、朝食を食べたら学校へと向かう。
 学校から徒歩50分ほどの場所にある実家で家族6人暮らしの僕は、食事は夕食以外はほぼ自炊であった。
 休みの日に外に出歩いて山遊びや川遊びを1人ですることが多かったが、まあこれも人並みと言えばそれまでだ。
 僕みたいな人間なんて、この日本中を探せば数えきれないくらい存在するであろう。
 などと考えていたのだが……。

 いつものように夢の内容すら記憶にないまま目を醒ましたものの、そういえば、いつもはうるさいくらいに鳴る目覚まし時計のベルの音が聞こえない。

「あれ?まだ夜明けじゃないか」

 今が何時なのかは知らなかったが、まだ外は暗いらしく、部屋の中も真っ暗なままであった。
 徐々に暗闇に目が慣れてきたので上体を起こし、周囲の様子を探ることにした。
 すると色々と不自然なことに気が付いてしまう。
 ここは僕の寝室のはずなのに、見慣れた内装や家具などが一切見当たらなかった。
 その代わりに同じ大きさのベッドが周囲に3つほど置かれていた。
 自分も別のベッドに寝ている事を考えると合計で4つである。
 さらに目を凝らすと、それぞれのベッドの上には毛布でできた膨らみが見える。

 いつの間に、僕の部屋に居候ができたのであろうか?

 突然の周囲の変化で混乱する頭を振り払うようにして、自分の状態も確認することにした。
 するとやはり、色々と就寝前とは状態が違っているようだ。
 まず、僕のベッドが木製でしっかりした物だったはずだが、どこか古臭かった。
 掛けていた毛布も、やはりぼろくて少し臭かった。
 今度は、自分の身体を確認することにした。

「(あれ? 体が小さくなっていないか?)」

 決して高身長というわけではなかったが、一応日本人の平均身長くらいはあったはずの僕の体が、どう見ても子供並くらいにまで縮んでいたからだ。

「(えっ? これって?)」

 最近よくネット小説などで見る、異世界への転生という考えがすぐに浮かぶ時点で僕も業が深い。
 まだ暗いし、他の人たちがすぐ隣で寝ているのに下手に騒ぐと彼らを起こしてしまう。
 明るくなるまで下手に動き回らない方が安全であろう。
 第一、今のこの小さな体の持ち主と3人の男性との関係も不明である。
 家族である可能性が非常に大きいが、僕には誰なのかわからない。

「(とりあえず、自分の状態が確認できるまでは大人しくしていないと。さて、もう一眠り……)」

 そこまで考えたところで急に抗えないほどの眠気が襲い、僕はそのまま再び眠りについてしまうのであった。



Menu

メニューサンプル1

メニューサンプル2

開くメニュー

閉じるメニュー

  • アイテム
  • アイテム
  • アイテム
【メニュー編集】

編集にはIDが必要です