様々な小説の2次小説とオリジナル小説

 集落は、周りを木の杭で囲っている。高さは周りのゴブリンから比較して三メートルってところか。ご丁寧に先端が尖っているので、塀の上に立つことも困難だけど、今のステータスでなら問題ないかな。
 規模的には高校のグラウンドを広くした程度か。

『第6感』

 を発動させ、光おねえちゃんのいる場所を探す。
 すると小さな掘立小屋がある。木で柱と梁だけを作り、獣の皮を合わせた物を被せているようだ。
 他の建物は壁もなく屋根と骨組だけなので、あの小屋は一応立派な方なのだろう。
 あそこから一番近い堀に行く。
 どうにかついた。
 ここからなら、5分でいけるはずだ。
 僕は、槍を突き立てると塀を駆け上がる。



×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

メニューサンプル1

メニューサンプル2

開くメニュー

閉じるメニュー

  • アイテム
  • アイテム
  • アイテム
【メニュー編集】

編集にはIDが必要です