様々な小説の2次小説とオリジナル小説

 アキたちが森の中にさまよっている間、一組の男女は、順調にオークを倒していた。
 日が沈むころになると、育芸館の建物では青銅色のオークを一組の男女が倒すことに成功していた。

「・・・・それにしてもやけに傷ついていましたね」

「そうなの?」

 金髪の少女が問いかけた。

「うん、まるで誰かと戦った後みたいで、そのおかげでエリート・オークを倒せたの」

「その人たち、逃げ出せたのかな」

「そうだといいです」

「・・・今日のところは、寝ましょう」

「はい」

 育芸館では、つかの間の平和のひと時が流れていた。



×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

メニューサンプル1

メニューサンプル2

開くメニュー

閉じるメニュー

  • アイテム
  • アイテム
  • アイテム
【メニュー編集】

編集にはIDが必要です