様々な小説の2次小説とオリジナル小説

 ボクは、ハクカを下ろそうとしたが、

「・・・・ごめんね」

 非常に申し訳なさそうな顔をするハクカ。
 あの咆哮で、腰を抜かして立てないそうだ。

「サモン・クロース」

 大きな布を召還し、地面に敷いた。
 召還魔法ランク2である。
 大きな布の上からハクカを下ろし座らせる。

「しばらく、休憩だな」

「・・・うん・・・・」

 休憩し、女子寮以外を目指すことにした。

 現在は午後4時20分であった。

「・・・ねえ、こっちでいいの」

「たぶん」

 あの青銅色のオークを相手に逃げたので、現在位置がわからないのである。
 カラスで偵察しようにも、カラスが数分後には殺されるため、偵察が行えないのである。
 カラスが殺された場所を避けながら、建物を目指す。
 途中、3匹程度のオークのグループに遭遇したのだが

「サモン・グレイウルフ」

 体長1m50cmの澄んだ青い目をしている灰色の狼を6匹ほど召還した。
 召還魔法ランク3である。
 グレイウルフは、一撃でオークののどをつめで切り裂き、消滅させた。
 どうやらオーク程度ならグレイウルフのほうが強いようだ。

 そのまま、当てのないまま歩いているうちに日が暮れた。
 ボクとハクカのレベルも上がっていた。



アキ:レベル9 剣術1→2/付与魔法2→3/召喚魔法4/肉体1 スキルポイント5→0
ハクカ:レベル7 治療魔法4 スキルポイント5



「・・・・ハァハァハァ・・・・」

 ハクカは、疲れたらしく布の上に腰を下ろし、息を乱していた。



 
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

メニューサンプル1

メニューサンプル2

開くメニュー

閉じるメニュー

  • アイテム
  • アイテム
  • アイテム
【メニュー編集】

編集にはIDが必要です