様々な小説の2次小説とオリジナル小説

 それからも、何度か先頭を行くアルファ号への襲撃があった。
 半分は、啓子さんがリフレクションで彼方に吹き飛ばした。
 残る場合も、たいていはベータ号のファイアボール連打で終わった。

 船底にガツンとおおきなものがぶつかる音とともに、和弘たちの身が投げ出される。
 くるくると宙を舞い……。

「和弘たちを回収する。来るよ」

「はい」

 僕たちは、和弘たちをベータ号に拾った。

 見れば、巨大なヌルヌルの触手が、アルファ号を覆い尽くして水のなかに沈んでいく。
 ベータ号に乗ったぼくたちは、慌ててその場を離れた。
 戦えば勝てるかもしれないけど、敵はこの不気味に濁った水中だ、誰だってこのなかに入りたくはない。

「油断すると、これね」

「いやはや、まったくだ。こっちの気が緩んだところを見透かされた感じだよ」

「で、ござるな。拙者たちも気合を入れ直すでござるよ」

 ベータ号で、そんなことを話す。

「兄が殊勝で気持ちが悪い」

 ミアは軽口を叩き、啓子さんに「もー、そんな憎まれ口叩いちゃだめよー」とたしなめられていた。

「はい、ごめんなさい」

「おまえ……啓子さんには素直なんだな」

「相手を見て卑屈に態度を変えるのが社会の処世術」

「新しい船を召喚するよ」

 ぼくたちは、安全距離まで逃げたあと、ガンマ号を召喚していた。
 アルファ号の乗員がそのままガンマ号に乗り移り、移動を再開する。
 そうして、空飛ぶ船の旅は合計で三十分ほど続き……。

 ぼくたちは、陸地に辿りつく。
 旅の終着点だ。



 霧を割って、乾いた土地が見えた。
 木製の桟橋がある。
 綺麗に掃除されたピカピカの桟橋だ。

 って……え、こんなところにある桟橋が、ピカピカに磨かれているの?

 おかしくないか……?

 とぼくが不審に思う間にも、アリスが操縦する空飛ぶ船は桟橋に近づく。

「待つでござる、あれは嫌な予感が……っ」

 結城先輩が叫ぶ。
 でも、その警告は少しだけ遅かった。
 桟橋から黒い棒状のものが、無数に伸びる。

 次の瞬間。
 高さ五メートルで飛ぶガンマ号を、強い衝撃が襲った。
 アリスと志木さんの悲鳴。

「アリス、脱出だ!」

 和弘は志木さんに抱きつき、そのまま空中を駆けて船から離脱。
 結城先輩と啓子さんも同じく船から脱出したようだ。

 その直後、船体が中央から真っ二つに割れる。
 船の甲板から、黒い細長いものが無数、出現した。
 ぼくたちに襲いかかってくる。

 舵から手を放すのを躊躇したためわずかに逃げ遅れたアリスが、それに身を貫かれる。
 少女の悲鳴。

「アリスっ」

 桟橋に背を向けていたアリスは、親指くらいの太さの黒い棒に左脇腹と右肩をえぐられ、串刺しとなる。
 手足がちからなく垂れ下がっていた。
 愛用の槍は、いま手放していて、甲板に転がったままだ。

 和弘たちは追ってくる黒い棒から逃げた。

 なんだこれ、触手みたいなものか?

「ミア」

「ん、アリスちんを助けるよ」

 ベータ号は、そのままガンマ号の残骸に向かって突進していた。

「「ホワイト・カノン」」

 アリスの胴体を抉っていた棒の甲板から生えた付け根あたりに、2つの白いビームが命中する。
 ミアとアリハの必殺風魔法だ。
 黒いドリルが真っ二つになる。

 アリスはそれを受けて、己の身をおおきく振る。
 獣のような叫び声。
 右肩のドリルを強引に引きはがす……というか右腕の肉ごと引きちぎってみせる。

「アリス、だいじょうぶっ?」

 ちからなく倒れる彼女のもとに、たまきが駆け寄る。
 たまきは剣を右手に握ったまま、左腕でだけでアリスを抱えた。
 そんな彼女たちを、桟橋から伸びた黒いドリルが襲うも……。

「フレイム・カッター」

 百合子と潮音の炎魔法が、ドリルに衝突しこれを潰す。

「インフェルノ」

 さらにルシアの爆炎が、残るドリルを焼き尽くす。
 大爆発が起こる。
 アリスを抱えたたまきが、宙をくるくる舞う。

「タマキは、ハクカの下にアリスを」

「いまのうち、砲撃を続けて!」

「ミア、風で視界をクリアに。ルシア、タイミングを合わせて三倍のプロミネンス・スネーク。目標、桟橋」

「ん、了解」

「わかりました、カズ」

「きみのこと、すっかり忘れてた」

「でしょうね。もっと熱烈にハグしてくれるのかしら」

 ミアがテンペストで強引に煙を吹き飛ばす。
 タマキがアリスをハクカの下に連れて行く。
 ハクカはアリスにリヴァイブを使用し、傷口を再生させる。
 と同時に、ルシアが魔力解放で三倍のプロミネンス・スネークを使用する。
 巨大な炎の蛇が、ドリルの触手を漂わせる桟橋に吸いこまれ……。

 巨大な爆発が起こる。
 ふう……なんとか倒せたか。



×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

メニューサンプル1

メニューサンプル2

開くメニュー

閉じるメニュー

  • アイテム
  • アイテム
  • アイテム
【メニュー編集】

編集にはIDが必要です