様々な小説の2次小説とオリジナル小説

 白い部屋のなかで、ぼくとハクカは顔を見合わせた。

「・・・あれ?」

「考えられる可能性は、これ、かなあ」

 ぼくたちは、互いの右手の小指にはまった赤い幻のリングを見る。
 それから、机に視線を移す。

 今回、机と椅子はふたつあった。横に並んでいた。
 机の上に載るノートPCには、ぼくとハクカのそれぞれの能力が表示されている。
 自分の椅子に座り、PCのウィンドウに質問を入力してみる。

 ふたり同時にこの部屋に来たのは、パーティを組んだ状態でひとりがレベルアップしたからなのかどうか。

 答えはイエスだった。
 今後もパーティメンバーのひとりがレベルアップするたびにこの部屋に来られるらしい。
 このPCで設定を行うことで、いちいちこの部屋に来ないようにすることもできるという。

 たしかに表示項目が増えていた。
 パーティメンバーという項目に、ハクカの名前がある。
 ハクカの名前の横にアイコンがあった。
 これをクリックすることで、パーティメンバー同行機能がカットされるようだ。

「こんな設定、いらないよな……」

 この部屋に来たくないというわけではない。その逆だ。
 よっぽどパーティメンバーの仲が悪いとか、能力を隠したいとかでない限り、この部屋に来るというのは、メリットしかない。

 特におおきいのは、落ちついて考えをまとめる時間を取れること。
 しかも、パーティメンバーと話し合いする時間を充分に取れる。ハクカとの細かい連携の打ち合わせができる。

「いま相談しておきたいこととか、あるか」

 ハクカに訊ねてみた。

「ないよ」

「とりあえず、召還魔法ランクを3に上げてから女子寮に向かおうと思う」

「・・・うん」


 自分のノートPCを操作する。
 付与魔法のランクを上げ、ハクカは治療魔法のランクを上げた。


アキ:レベル3 剣術1/付与魔法1→2/召喚魔法2/肉体1 スキルポイント2→0
ハクカ:レベル3 治療魔法1→2 スキルポイント5→3



 画面操作が終わり、エンターキーを押した次の瞬間。
 ぼくたちふたりは森に戻っていた。

「さて、急ごう」

 そういって、ぼくは走り出し、オーク5体ほど引っ張ってきた。
 パペット・ゴーレムたちにオーク5体が倒された。
 あとには宝石だけが残る。



 ファンファーレが、耳のなかで鳴り響いた。

「あなたはレベルアップしました!」

 中性的な声が聞こえてきた。
 あれから、ぼくとハクカは、15体のオークを倒していた。
 ぼくとハクカは、白い部屋にワープした。



 改めてぼくたちは、白い部屋で顔を見合わせる。

「これでぼくは、召喚魔法をランク3にできる」

「・・・うん」

「女子寮の偵察をしよう」

「うん!」

「まずぼくたちは、女子寮のそばまで移動する。周囲をうろつくオークがいる場合、まわりに気づかれないようなら、迅速に始末する」

「数を減らすんだよね」

「ああ。そこから先は、状況を見てになる……」

 いまは、午後3時40分くらいのはずだ。



アキ:レベル5 剣術1/付与魔法2/召喚魔法2→3/肉体1 スキルポイント4→1
ハクカ:レベル4 治療魔法2→3 スキルポイント5→2



×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

メニューサンプル1

メニューサンプル2

開くメニュー

閉じるメニュー

  • アイテム
  • アイテム
  • アイテム
【メニュー編集】

編集にはIDが必要です