様々な小説の2次小説とオリジナル小説

「これが小型魔導攪拌機か」

「そうである、某がルーク少年に家で使いたいといったら快く提供してくれた物である」

 ここは、王の私室である。

「魔道具ギルドの方は」

「プライドが高いらしく、ルーク少年に魔道具ギルド加入しろといわんばかりの態度だったのでルーク少年が怒って拒否したのである。某も同じ立場ならルーク少年のように断るである」

「それであの顛末か」

「教会の炊き出しのことであるか」

「故障率が高い大型の魔道具を使用するわけもないか、それなら故障もなく、すばやい攪拌が出来る小型の方を使うのは当たり前か」

「そうである。魔道具の販売により、商人、冒険者、庶民、貴族の間では最先端の魔道具や新しい魔道具はルーク少年にあるという風情である」

「焦りから魔道具ギルドに加入しろと」

「さすがにあそこまで上から目線であれば加入するわけもないである」

「なるほどの」

「ブライヒレーダー辺境伯は、困っているようである」

「側室のことか?」

「そうである」

「バウマイスター男爵は、ルイーゼ、キャロル、ミスミを側室に選んだ。ファブレ男爵は、ハクカ、ミュウを側室に選んだ」

「ブライヒレーダー辺境伯の影響を受けておらぬである」

「イーナか」

「積極性が足りぬである」

「・・・・所で、エルヴィンの方はどうなっている?」

「そちらは今のところ、見込みがないである」

「リッドの方もか」

「そうである」

「中央にいる間に婚約か・・・見込みが薄いだろうに」

「繋がりとはしては薄いである」



Menu

メニューサンプル1

メニューサンプル2

開くメニュー

閉じるメニュー

  • アイテム
  • アイテム
  • アイテム
【メニュー編集】

編集にはIDが必要です