様々な小説の2次小説とオリジナル小説

 余は、1人の老人と謁見をしていた。
 老人の背後には一人の美少女が控えていた。
 エリーゼが華やかな美少女ならばこちらは華やかさはないが控えめな感じの美少女である。
 まさに太陽のエリーゼと月の・・・である。

「それで、余と話したいことというのは、後に控えている少女に関係しているのか」

「はい、ご慧眼であらせられます。さすがは陛下」

「世辞は良い」

 この程度で褒められることではない。
 それは、この老人も分かっている。

「彼女は、我が娘のカルラ・フォン・ブロワと申します」

 余に見られてカルラが

「カルラ・フォン・ブロワといいます」

 自己紹介をして、スカートを少しだけ持ち上げ一礼をしてきた。

「余が、ヘルムート37世である」

「カルラをつれてきたのは、竜殺しに嫁がせたいと思い、陛下のご許可を頂きたく思います」

「正妻と?」

「出来ますれば、それがいいでしょう」

 竜殺しの英雄に高位貴族の娘を妻にか。
 なるほど、エリーゼと変わらぬ美しさに年齢、通常ならそれもよいだろう。

「残念ながら不可能だ」

「すでに」

「竜殺しには、聖女と姫がいる」

「・・・!」

「意味が分かるな」

 聖女には、あの男がいる。
 そして姫は、辺境伯より位が上の娘なのだ。
 正妻になるには、姫と聖女を蹴落とすしかないがそれをあの男が許すとは思えぬ。

「姫の年齢では」

「通常ならであろう」

「はい」

「突如として襲い掛かった邪悪なる古代竜は、馬車に向けてブレスを放ち、男と少女が『魔法障壁』を張り、ブレスに対抗したのであった。男と少女の『魔法障壁』にブレスは打ち破れず、男が聖なる力を貯めるのを見て、古代竜は、叶わぬと見て魔導飛行船の方に向かった。そして1人の男が魔導飛行船から出てきて、古代竜と対峙し、聖なる光を放つも苦戦していたところを馬車を守った男も古代竜と対峙し、二人の男は、聖なる光を放つも古代竜に苦戦するも男の危機に少女の祈りの力が届いたのであった。少女の祈りの力を得て聖なる力は、輝きを増し、ついには、古代竜を聖なる光で倒したのであった。古代竜を相手に共闘した少女は、命を助けてもらった英雄の妻になるのであった」

 立派な英雄談になるのだ。
 尚、この話にうそが全くないのが怖い所である。
 ここから姫の年齢が年齢なので正妻の座を引きずり落とすのは不可能である。
 命を救ってもらった竜殺しの英雄に姫が嫁ぐのである。

「側室なら可能ではございませんか?」

「確かに可能だ」

「姫はまだ幼い」

 要するに貴族社会を教えるために幼い姫より自分の娘の方が教えられるだろうということか。
 そこから利権を狙うか。ラングレー公爵家以上の利権を狙うには、カルラの頑張り次第ではあろう。

 だがやはりダメだな。

 ファブレ準男爵の正妻は、スズネで決まりである。
 側室候補は、ファラ、ハクカ、キャロル、ミスミ、ミュウの5人がいる。

「ダメだな」

「ブライヒレーダー辺境伯でしょうか?」

「そうだ」

 南部との関係がある。
 ここで東方の人間まで入れては、余計にややこしくなるの。
 通常の法衣貴族のまま終わらせるなら、カルラをいれるのも良いのだが・・・アーカート神聖帝国も北の未開地に力を入れてきておる。
 このまま法衣貴族のまま終わらせるのは惜しい。
 ブロワは、謁見の間から退出した。

「・・・あのまま大人しくなる男ではあるまい」

「お疲れです。父上」

「ああ」

「ですが、南部の力が強まるのはよろしくないのでは」

「そうだな。だが、ファブレ準男爵が欲しいと望まない限り、カルラとの婚姻を許可するわけにはいかぬ」

 カルラは少々惜しい娘だな。
 カルラとファブレ準男爵を婚姻させて南部に楔を入れるのも悪くもない。
 とはいえ、スズネとの婚姻についてラングレー公爵が話しを通してきたばかりである。
 本来ならスズネは、第2王子に嫁ぐ予定であったがな。これについてはラングレー公爵から同意は得ておらぬが、成人したら100%そうなるであろうと予想されておったからの。

 しばらくは第2王子の正妻探しになるの。

 ここで、ファブレ準男爵に魔物領域の解放命令に加えて更にカルラを妻にするべく強行したらアーカート神聖帝国に逃げかねぬな。
 だから、しばらくは様子見だな。



Menu

メニューサンプル1

メニューサンプル2

開くメニュー

閉じるメニュー

  • アイテム
  • アイテム
  • アイテム
【メニュー編集】

編集にはIDが必要です