様々な小説の2次小説とオリジナル小説

 ヴェンデリンとルークが、屍古代竜を浄化して5日経ったブライヒブルクのとある執務室では

「そうですか。ヴェンデリン君が・・・いや、今はバウマイスター準男爵やファブレ準男爵が屍古代竜を浄化したのですか」

「はい」

「陛下に取られましたね」

「それと王宮から、このような命令書が・・・・」

 王宮からの命令書を読む。

「グレートグランド討伐のためにブランタークを借りたいですか・・・魔法使い4人を用いてのグレートグランドの討伐ですか」

「おそらくは」

「周辺の貴族たちに動員命令は」

「いまだにございません」

「なるほど。だとするならバウマイスター準男爵とファブレ準男爵は、貴族として諸侯軍を率いなければならないわけですか」

「ですが諸侯軍を編成しろとは言われており・・・・圧力ですか」

 家臣の一人が、諸侯軍編成をしなければならない理由に気がついた。

「ええ、バウマイスター準男爵とファブレ準男爵の家臣はかなり少ない」

「いかがなさいますか?」

「本当ならば二人共に支援をしたいのですが」

 王都にある屋敷にいる家臣の数は、300人程度であるが動かせる警備員の人数は、数十人程度が関の山のはずです。
 確実に寄子にするためには、

「『通信』を行い、ブランタークを使い家臣たちを動員してバウマイスター準男爵の支援をするように伝えておきましょう」

「分かりました」

 ブライヒレーダー辺境伯は家臣にそう伝えたのだ。
 己の家臣の子供がパーティに在籍しており、冒険者予備校に入学しており、寄子の子供であり、ブランタークがいる現状を鑑みての判断である。

「さて、私は、バウマイスター準男爵とファブレ準男爵の婚約者を探さなくては」

 ブライヒレーダー辺境伯は、家臣に年齢のつりあう娘を探すように命じるのであった。



Menu

メニューサンプル1

メニューサンプル2

開くメニュー

閉じるメニュー

  • アイテム
  • アイテム
  • アイテム
【メニュー編集】

編集にはIDが必要です