様々な小説の2次小説とオリジナル小説

 1月
 2週間目。
 今日からファブレ領の開発工事の再開である。
 現在、ヘルムート王国全体では、経済が循環し始め魔族の魔道具を活用した開発の嵐である。俺とミズホは、警告に従わない彼らに眉を潜めたのだが、魔道具ギルドは、懸命に会長争いや魔道具阻止を刊行していた。
 現在、雇っている大工の人数は、南方で1万人、中央で2万人、東方で1万人、西方で1万人である。
 合計5万人の大工を雇っているのだ。

 ファブレ領の開発の振り分けである。
 俺は、ヘルタニア渓谷、高天原島、ファブラブルク、鈴音街、白花町、ヴィルマ街の開発である。
 カイエンが大工を振り分けていた。
 俺の領主の仕事は大まかな指示と領内開発と魔道具の開発・製造と書類処理と人材登用とライラさんとの貿易と6ヶ月の1回の視察ぐらいである。大型魔導飛行船と中型魔導飛行船は、ヘルムート王国に返還したのであった。ブロワに船大工の募集をお願いしたのだ。
 現在、各貴族領では、船大工に小中の魔導飛行船の外装の改装依頼が多発しているので、ブライヒレーダー辺境伯や中央は厳しそうなのだ。残ったのはブロワかホールミア辺境伯ぐらいである。フィリップ達に頼まれたので、ブロワが優先である。



Menu

メニューサンプル1

メニューサンプル2

開くメニュー

閉じるメニュー

  • アイテム
  • アイテム
  • アイテム
【メニュー編集】

編集にはIDが必要です