様々な小説の2次小説とオリジナル小説

「珍しいですね」

「そうであるか」

 今日も講義が終わった後、俺はカルラと王都でウィンドショッピングをしていたのだ。
 そうしていると導師と遭遇したのだ。
 導師が花屋を目指していることを知り驚いていたのだ。

「これは専門的な……」

 商業街の一角、下級貴族街にも近い大きな花屋があった。
 花のみならず、植木やガーデニング関連の商品も扱い、かなり大規模に経営している。

「これは、お久しぶりです。ご注文は」

「赤いバラとカスミソウを大きな花束に! 四つ作ってほしいのである!」

「導師?」

「おおっ! バウマイスター上級伯爵であるか!」

 導師はヴェル達を見つけると嬉しそうに声をかけてきた。

「花を買いに来たのですか?」

「普段は屋敷を空ける事も多く、妻達には寂しい思いをさせているので、たまには花くらいはというやつである! まあ、花などよく知らないので、いつも赤いバラとカスミソウであるが」

「俺も花は詳しくないな。大体、魔物領域で取れるのかそれかその辺ではえている花ぐらいしか贈ったことないな・・・まずかったか」

「とても嬉しいですよ」

 カルラがにっこりと笑みを浮かべていたのでホッとする。

「導師様、これでよろしいですか?」

「うーーーむ、もう少し赤いバラ花を増して花束を大きくするのである! こういうのは豪勢な方がいいのである!」

「畏まりました」

「大分増量いたしましたが」

「おおっ! これぞ花束であるな! では、某はこれで! ルイーゼ達に花を贈るとは、バウマイスター上級伯爵もやるではないか!」

 導師は、購入した花束を魔法の袋に仕舞うと颯爽と屋敷へと戻っていく。

「ヴェル、なぜか物凄い敗北感を感じたような……」

「あたい達って、導師様以下……」

「それを言うな! カチヤ!」

「だって事実じゃないか! エルヴィンだってそうだろう!」

「お嬢様、導師様が赤いバラをすべて購入されていかれたので品切れです」

「真っ赤なバラがないというのは困ったな……」

「こうなれば……」

「こうなればどうするんだ? 旦那」

「専門家に一任する」

「はい、任せてください。でも、次からは先生も贈りたいお花とかを考えておいてくださいね」

「俺もそうするよ」

 店員にハクカ、スズネ、ヴィルマ、アスナ、セイ、カルラの大体の雰囲気と髪色を伝えると店員が手早く花を選んでくれた。

「また買いに来るよ」

「はい、定期的に奥様達に贈ってさしあげると喜びますよ。女性は、お花が大好きですから」

 それは、俺でも何となくわかった。

「シンディにはお世話になったから、ここは先生がお花を贈ろうかな」

「そうだな……これなんてどうかな?」

 ヴェルが選んだのは……ランに似た花であった。

「今日はありがとうな、シンディ」

「はい、奥様達によろしくお伝えください」

 ヴェルはエリーゼ達に贈る花束を購入し、急ぎ屋敷へと戻るのであった。
 俺も花を購入するとカルラと喫茶店で一服してから帰ることにした。



 スズネに『ゼラニウム』
 ハクカに『ジャスミン』
 アスナに『ゼラニウム』
 ヴィルマに『金鶏菊』
 セイに『アヤメ』
 カルラに『撫子』

 をプレゼントした。
 今日の出来事を話すと導師が花をプレゼントしているのに全員が驚いていた。
 ファブレ上級伯爵領でいくつかの花屋が誘致されるのであった。



「シンディが、バウマイスター上級伯爵様からチグリジアを贈られたそうだ」

 花言葉など何も知らないバウマイスター上級伯爵であったが、そんな事は知らない花屋の店主兼オーナーであるシンディの父親は、その事実を知って大喜びしていた。

「凄いですね、オーナー。シンディお嬢様がバウマイスター上級伯爵様の奥さんですか」

「何しろ、シンディにチグリジアを贈るくらいだからな。シンディがバウマイスター上級伯爵様の妻になれば、うちもバウルブルクに支店を出せるな」

「それはいいですね」

 シンディの父親は、長年花屋に勤めているベテラン店員達と大喜びしていた。
 チグリジアの花言葉は、『私を愛して』である。
 二人は、自分の娘がバウマイスター上級伯爵から求愛されたと思っているのだ。
 勿論、これは盛大な勘違いである。

「うちは庶民だからな。バウマイスター上級伯爵様とシンディの子供がバウルブルクの花屋のオーナーになり、バウマイスター上級伯爵領に作られる他の町の花屋も経営する。そうだな、こっちの本店はカーチスの息子に任せて、お前はシンディの下で実質的な経営と支店網の構築を担当するのだ」

「夢が広がりますね」

 そうすれば、今までは王都に一店舗しかなかったこの花屋の商売も大きく広がっていく。

「バウマイスター上級伯爵領には、珍しいお花も多いそうで。これも商えれば、商売も広がりますね」

「カーチス、いい事に気がついたな。そうだ、これは大きなチャンスなんだ!」

 シンディの父親とベテラン店員は将来への希望に夢を膨らませていたが、当のシンディはバウマイスター上級伯爵がそこまで考えてチグリジアを贈っていないのを知っていたので、予想外の展開に動揺するばかりであった。

「(お父さん! カーチスさん! 違うの! 先生はそこまで考えて私にチグリジアは贈っていないから!)」

 シンディは父達のあまりの喜びように、それが違うと言えなかった。
 物凄くガッカリするのがわかっていたからだ。 

「(何とか私の卒業までにお父さんに違うって言わないと……でも、先生のお嫁さんもいいかも……)」

 同時にバウマイスター上級伯爵の奥さんになれれば嬉しいとも感じていたので、止めに入れなかったという理由があったのも、他の人には秘密であった。



Menu

メニューサンプル1

メニューサンプル2

開くメニュー

閉じるメニュー

  • アイテム
  • アイテム
  • アイテム
【メニュー編集】

編集にはIDが必要です