様々な小説の2次小説とオリジナル小説

 現在の俺は、船大工や家臣を採用していた。
 新しく採用する家臣だけでも3000人以上もいるのだ。
 領内の内政を全て終え、俺はハクカに膝枕してもらった。

「終わった」

「お疲れ」



 翌朝。
 久々にすっきり目覚めた俺は、腕の中でスヤスヤと寝ているスズネを起こさないように起き上がった。
 ここ2週間、夜の営みしてなかったからな。
 スズネとするのも1年ぶりである。そのため久々に長時間にわたり、スズネの少しだけ大きくなった胸を揉み、時には乳首を掴んだり、首筋をなめたりとスズネを喘がせすぎたようだ、色々やりすぎたようだ反省はしても自重はしない。
 朝食を取っていた時に

「うっ・・・気持ち悪い」

「・・・え・・・」

 ハクカが崩れ落ちそうだったので慌てて抱きとめる。
 『診断』によって、

「・・・にん・・しん」

「ああ」

 詳しく見てもらうために医師の派遣である。

「ざっと3ヶ月ですね」 

 ハクカの妊娠が決定的になり、メイドの増員が決まった。
 妊婦であるハクカと夜の営みが消えたのだが、代わりにハクカを抱きしめたり海を眺めたり、普通の恋人らしいデートを増やした。



Menu

メニューサンプル1

メニューサンプル2

開くメニュー

閉じるメニュー

  • アイテム
  • アイテム
  • アイテム
【メニュー編集】

編集にはIDが必要です