様々な小説の2次小説とオリジナル小説

「・・・・報告を聞こう」

 会議室に集められた6人の男達がいた。
 金髪の美中年がイスに座ると金髪美中年の最後方にいる6人の男達に問いかけたのだ。

「・・・ブライヒブルクまで視察に行きました。ブライヒブルクでは、都市開発がなされておりました」

「・・・人数が多いからの。ブライヒレーダー辺境伯は、機会を無駄にするきはないようだの」

「肝心のあれはどうだ」

「現在は、造船所の開発しているだけでした」

「職人は、どうした?」

「ブライヒブルクで、作業をなされておられる感じでした」

「何を製作しているかは不明だと?」

「聞いた限りでは、中古の家の改装のための建材製作や魔道具部品を製作なされておられました」

「なるほど」

「しかし、製作可能なのでしょうか?」

「イシュルバーク伯爵の研究資料があるから可能性は高いといえる」

「そういえば、魔道具ギルドや魔導ギルドからの報告は?」

「今のところ、成果がないそうです」

「魔道ギルドもか・・・余としても期待しておったが」

「・・・定期的に派遣なさいますか?」

「そうさの・・・ブライヒレーダー辺境伯にはすまないが、それしかなかろう」



Menu

メニューサンプル1

メニューサンプル2

開くメニュー

閉じるメニュー

  • アイテム
  • アイテム
  • アイテム
【メニュー編集】

編集にはIDが必要です